ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • nasのデータ復旧について
日本データレスキュー隊イメージ

NASのデータ復旧

外付けHDDは、パソコンに保存してある大切なデータを取り出し、 持ち運べるという機能を持ちあわせていますので、非常に重宝されています。
ただ、外付けHDDを普段から頻繁に持ち運んでいますと、 物理的な衝撃などによって故障してしまうことがないとは言えません。
カバーで覆われてはいますけれど、中には精密機器が内蔵されているのですからね。


NAS

ハードディスクはいわゆる消耗品のひとつなのですが、故障してしまうリスクは常に下げる必要があります。
最近では、ネットワーク経由の記憶媒体である新型のハードディスク、 いわゆるNASの運用が目立ってきています。


■NASはネットワーク接続されている端末で記録が可能

IPアドレスが設定されているNASであれば、ネットワークに接続している端末ならすぐにアクセスが可能です。
電源をいれてネットワークケーブルを差し込むだけでOKですから、 外付けHDDのような物理的障害は起きにくいと考えられます。
問題点を挙げるならば、ネットワークに接続されていないパソコンからはアクセスができないということですが、 いまやネットワークあっての時代となっていますので、さほど問題視することではないでしょう。


■NASが壊れたときのために

NASは壊れてしまったときのリスクを軽減する機器なのですが、 機械である以上、当然いつかは壊れるかもしれないというリスクをもっています。
ハードディスクが壊れてしまう時と同様、データを失ってしまうという危険性があるのです。
そのようなリスクを避けるために有効なのは、定期的なバックアップデータの取得です。
これはハードディスクと同じことが言えますね。


■データ復旧の際には手作業が必要

NASは複数の人がアクセス可能ですから、当然蓄積されるデータ量は莫大なものとなります。
データ消失のリスクは、そのデータ量と比例すると言われていますので、 個人で所有するハードディスクに比べてもダメージは非常に大きくなってしまうでしょう。
ただし、バックアップデータさえきちんと取得しておけば、 リストア作業を行うだけで、データ復旧を行うことができます。


データ復旧の際の注意点として、リストアするバックアップの日時はどうか、という点です。
NASは使い方にもよると思いますが、電源がついていれば常にアクセスされています。
壊れる直前まで、データ移動や保存がされていたようであれば、 バックアップデータは故障の際の状態にほぼ近いものだと思いますが、 それでも、完全にデータ復旧を成功させられるかどうかはわかりません。
NASは使用方法にもよりますが電源を点灯している限り常にアクセスが行われています。


バックアップデータのリストアで復元できなかったデータに関しては、手動入力しかありません。
NAS に保存しているデータは当事者しか分かり得ないものですから、 バックアップデータをリストアしユーザーに確認を行うことが重要です。
データ復旧を主導する人間が、このような作業を受け持つことになります。
でづが、もし大勢でNASを使っているようであれば、その方法は現実的とは言えません。
そのような場合には、データ復旧の専門業者に相談して、データ復旧を依頼しましょう。


データ復旧業者の寿命は年々増加しており、現在国内だけでも100社以上あると言われています。
そのなかでも復旧率や復旧実績において素晴らしい数字を残しているのがデジタルデータリカバリーです。
通常、データ復旧の成功率は7~8割と言われているのですが、 デジタルデータリカバリーではなんと95.1%という驚異的な復旧率を出しているのです。
復旧率の高さは、復旧作業をスムーズに行うことのできる設備や技術力が大きな影響を及ぼしています。


■参考情報:RAIDが壊れた時のデータ復旧についてはこちら

日本で最もRAID復旧の実績が高いのはデジタルデータソリューション


ページトップへ