ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • バックアップに適した記憶媒体
日本データレスキュー隊イメージ

バックアップに適した記憶媒体

バックアップに適している記憶媒体にはどのようなものがあるのでしょうか?HDD、フラッシュメモリ、光ディスクなど様々な記憶媒体がありますが、中でもバックアップに適しているものについてピックアップしています。

バックアップは複数に分けて行うのも効果的なのでそれぞれの記憶媒体の性能を知って上手に活用していきたいところです。

おすすめのバックアップデータの保存先についてご紹介しています。


■外付けHDDがバックアップに適している

外付けHDDはかなりバックアップに適しているといえます。

数多く存在している記憶媒体の中でも、容量が一番多く、コストパフォーマンスに優れているので購入がしやすいです。

テラバイト級のものも安い価格で販売がされているので大容量のものも手軽に購入ができるようになりました。

HDDには、外付けHDDと内蔵HDDがありますが、内蔵HDDの方が価格は安めです。

外付けHDDは少し価格は高めなのですが、その分使いやすいですしデータ保存用として一役買ってくれるのでこちらのほうがおすすめです。


外付けHDDは、大容量で使用をすることができ、書き込み時間も高速ですぐに行ってくれます。

読み出し速度も高速なので、どんなにたくさんあるデータでも短時間の内に保存をしてくれます。

信頼性もありますし、データからの起動も高めと使いやすいと言えます。

初心者の方でも外付けHDDは使い勝手が良くデータ保存用にぴったりです。

システムバックアップとファイルやフォルダのバックアップも行うことができるのでバックアップ性能はかなり高いです。


■光ディスクドライブもバックアップに適している

バックアップに適しているのは、光ディスクドライブも挙げられます。

光ディスクは、光学ディスクとも言います。

このディスクは、ほぼ全てのパソコンに光ディスク用のドライブが搭載されているので直ぐにバックアップをすることができ便利です。

光ディスクには種類が多く、CDやDVD、ブルーレイ、「-R」や「+R」、何回でも書き込みができる「-RW」や「+RW」などがあります。

使っているパソコンによって対応している光ディスクの種類が異なっているのでどれが使えるのかも確認が必要です。


光ディスクは、データの保存が出来る容量がとても多くなっています。

また、コストパフォーマンスはかなり良く激安価格での購入ができます。

バックアップがしたい時にはすぐにバックアップ準備ができるのです。

書き込み時間は長めですが、信頼性が高くデータからの起動はとても早いといえます。


バックアップに適した記憶媒体は大きく分けてこの外付けHDDと光ディスクドライブと言えます。

それ以外の記憶媒体もバックアップに効果はありますが性能などはこちらの方が高いです。


ページトップへ