ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • 物理障害になった決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

物理障害になった決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

サーバーにデータを集めて業務を効率化している業種が存在しています。

一箇所にデータを集約して処理した方が、業務効率が向上するからです。

小売店や飲食店の特殊な支払いの処理を担当する決済代行会社もその一つになります。

顧客の店舗で扱われたクレジットカードや金券の処理を一手に引き受ける事によって、決済代行会社は収益を得ています。

ですが顧客毎に処理を進めていたら効率性に欠けるため、作業に必要な経費が肥大化してしまうのです。

それを避けるために決済代行会社は、サーバーを最大限に有効活用しています。


■サーバーの記憶媒体が故障するケース

サーバーの動作が安定している限り、決済代行会社は決まった手順を繰り返すだけで収益を得られます。

しかし精密機械であるサーバーは、構成部品が一つ壊れるだけで不安定になるのです。

特に記憶媒体が壊れた時は、対処が難しいと言われています。

記憶媒体の中には顧客に関するデータが詰まっているので、新品へ交換してからデータ復旧の作業が必要だからです。

記憶媒体は消耗品と称されるほど耐障害性に弱いという背景があります。

決済代行会社のサービスを安定させるには、記憶媒体の配慮なくしてあり得ません。


■記憶媒体のデータ復旧手順

記憶媒体が壊れる事によって情報が失われる事実は、決済代行会社に限る話ではありません。

よってデータロストの対処方法は確立されています。

具体的には定期的にバックアップの取得を行い、リストア機能でデータ復旧を行うだけです。

記憶媒体の故障と同時にバックアップが失われないために、新しい記憶媒体が必要になります。

しかしバックアップソフトやリストア機能は簡単に扱えるようになっているため、パソコンやサーバーの操作に不慣れな人材でも使用上の問題はありません。

必要なのはバックアップの取得が疎かにならない仕組みを築くだけです。


■困った時はデータ復旧業者を頼る

決済代行会社のサーバーは常に情報が蓄積されている状態です。

毎日行われる業務フローにバックアップ作業を組み込んでも、リストア機能によるデータ復旧が成果を出さない事があります。

その時には物理的に壊れた記憶媒体からデータを回収するのが定石です。

しかし個人の持つ環境や技術では、物理障害に陥った記憶媒体の対処は難しいという現実があります。

だから物理障害の対応サービスを提供しているデータ復旧業者に頼るのです。


データ復旧業者は記憶媒体の研究に明け暮れているため高度な技術力を有しています。

貴重なデータを保有している決済代行会社にとって、頼りになる存在なのは間違いありません。


ページトップへ