ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • コールドスタンバイ方式の決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

コールドスタンバイ方式の決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

現代では支払い方法が豊富になっており、クレジットカードや金券の処理が大変になっています。

僅かな回数しか使用されない支払い方法でも、決済処理を行う必要があるので経費に見合っていない作業量になるのです。


しかし決済代行会社が業務を担当するようになって、決済を委託するようになりました。

サービスの料金は安めに設定されているので、決済代行会社に一任した方がお得だからです。

現代において自ら決済を行うお店は少数派になっています。


■決済代行会社のサービスを支えるサーバー

決済代行会社は数多の企業や店舗と契約する事によって安定した収入を得ています。

基本的に行う業務は決済の代行だけですが、全ての作業を人力で行うと大変な数の手続きを行う事になるのです。

売上が経費を超えてしまう事もあり得るので、自社のシステムを使って決済の処理を効率化しています。


システムがインストールされているのは市販されているサーバーです。

サーバーが壊れるとシステムが停止してしまうので、決済代行会社のサービスを利用出来なくなります。

仮に記憶媒体が壊れていれば修理期間が長期化してしまう事は避けられません。


■コールドスタンバイ方式で乗り切る

決済代行会社のサービスを停止させないためには、予備のサーバーを準備しておくのが一番です。

本番機が壊れた時に停止させておいた予備機に代行を務めさせるやり方は、コールドスタンバイ方式と呼称されています。

コールドスタンバイ方式は故障の度に本番機と予備機の役目を入れ替える仕組みです。

単純明快なので技術的な知識が乏しい決済代行会社にも受け入れられています。


■コールドスタンバイ方式のデータ復旧

コールドスタンバイ方式のサーバーが壊れたら、予備機の設置作業を始めます。

普段の予備機は停止させているので、最新のバックアップをリストアする作業が不可欠です。

本番機の記憶媒体が壊れているとバックアップの取得が不可能になるので、定期的にリストア用のデータを取得するのが理想だと言えます。

毎日の様にバックアップを取得していれば、故障時に近い内容へ戻す事も可能です。

故障した本番機に関してはメーカーへ郵送します。

サーバーは購入と同時に保守契約を結ぶ事になっているので、部品の修理交換を無料で任せる事が出来るのです。


メーカーの手で部品の交換が終わったサーバーは、正常な状態で送り主である決済代行会社へ返送されます。

しかし予備機が本番機の代わりを務めているので、無理して本番機を再設置する必要はありません。

その代わり予備機が不良状態に陥った時、データ復旧作業を済ませてから本番機として稼動させます。

以上が最も一般的なコールドスタンバイ方式の運用方法です。


ページトップへ