ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • デュアルドライブになっている決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

デュアルドライブになっている決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

支払い方法が豊富になった事で、決済処理の手間が大変になっています。

金券や会社によって異なるクレジットカードの決済先はそれぞれ異なるので、全てを独力でこなそうとすれば労力が大きくなるのは当然です。

だから決済に関する処理を全て引き受ける決済代行会社のサービスが利用されるようになりました。


独自システムを抱えている決済代行会社は、効率的に処理を片付ける術を備えているからです。

彼らに委託すれば確実に仕事を遂行してくれるので、小売店や飲食店の経営者から重宝されています。


■決済代行会社を支えているデュアルドライブのサーバー

決済代行会社のサービスが優れているのは、効率化に貢献するシステムとインストール先であるサーバーが高品質だからです。

大容量のデータ保存領域と高速な処理を実現するために、最近ではSSDとハードディスクを用いたデュアルドライブが人気になっています。


■デュアルドライブはバックアップが大切

しかしデュアルドライブのサーバーは、記憶媒体の故障確率が高いので注意が必要です。

2台の記憶媒体にサーバーが支えられているため、片方が壊れるだけで動作に支障を来たします。

SSDはハードディスクよりも耐障害性に優れていますが、それでも故障が全く発生しないわけではありません。

重要なのは絶対に記憶媒体の故障を発生させないのではなく、記憶媒体の交換からデータ復旧までの業務フローを確立する事だと言えます。


記憶媒体が故障しても直ぐに解決出来れば、決済代行会社のサービスの品質が疑われる事はありません。

そのためにはSSDとハードディスクのバックアップを定期的に取得して万全の態勢を築くべきです。


■デュアルドライブのデータ復旧

決済代行会社のサーバーの記憶媒体が壊れたら、最初に行うべきはメーカーへの連絡です。

メーカーはサーバー内の壊れた記憶媒体を取り外し、新品に取り替える対応を行います。

しかしデータ復旧に関しては請け負わないので、返送されてから決済代行会社のスタッフが担当する事は覚えておくべきです。

交換された記憶媒体はブランク状態になっています。

基本的にブランク状態の記憶媒体は、バックアップデータをリストアすればデータ復旧が完了です。

その時にリストア機能を持ったバックアップソフトの再インストールも行いますが、デュアルドライブでは必要がない事もあります。


バックアップソフトのインストール先である記憶媒体が壊れていない事もあるからです。

記憶媒体が壊れていない場合には、バックアップデータの保存先と接続します。

デュアルドライブではバックアップデータの保存先を、ペアの相手にしておくと楽です。

外付けハードディスクやnasを使わなくても、直ぐにバックアップデータとアクセス出来ます。

バックアップデータにアクセスする事が出来たら、リストア機能を実行してデータ復旧は終了です。


ページトップへ