ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • ホットスタンバイ方式の決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

ホットスタンバイ方式の決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

決済代行会社は多くの利用者を抱えているため、システム異常が思わぬ規模の問題に発展する事もあります。

システムの異常の原因になるのは、インストールされているサーバーのトラブルです。

特に部品の多重化が行われていない記憶媒体は、最もトラブルの原因になり易いと評されています。


他にはデータの処理に失敗して生じる論理障害のリスクも存在しています。

サーバーにトラブルの対策を施さないのは非常に危険な状況です。

少なくとも重要なシステムが搭載されているサーバーは、多少の投資をして対策に努めるべきだと言えます。


■決済代行会社ではホットスタンバイ方式が人気

決済代行会社のサーバーが停止すると、多くの顧客が困る事になるのは前述した通りです。

そして故障したサーバーはメーカーへ郵送する事になります。

軽度のトラブルでも必ずメーカーを通さなければならないため、サーバーが復旧する速度が遅いのです。

サーバーの復旧が遅れれば決済代行会社のサービスの信頼性は疑われてしまいます。

決済の代行サービスは信用で成り立っている部分もあるので、サーバーの故障が根幹を揺るがす事態だと考えられているのです。


だから予備機を最初から稼動させておくホットスタンバイ方式が人気を集めるようになりました。

本番機のサーバーが壊れても即座に予備機がシステムを支えるため、ユーザーにストレスを与える事はありません。

顧客満足度の低下に繋がらない事から、ホットスタンバイ方式は決済代行会社に愛用されています。


■ホットスタンバイ方式のデータ復旧

ホットスタンバイ方式の予備機は、本番機のデータと同期している事があります。

本番機が故障した時にシステムの動作を直ぐに肩代わりするためです。

それ故にバックアップのリストアによるデータ復旧が必要ないと考えているユーザーも存在します。

しかしデータ復旧の作業を行う事は、ホットスタンバイ方式においても必要です。

前述した形式のホットスタンバイ方式のデータ復旧は、本番機がメーカーから返送された段階で行います。


返送された状態で元の場所に設置すると、データの同期が行われてしまうからです。

本番機を基準にしてデータの同期を取っているため、最新の状態だった予備機の内容が書き換えられてしまいます。

本番機の故障原因が記憶媒体だった場合には、予備機のデータが完全に消えてしまうのです。

それを防ぐために予備機から取得したバックアップを本番機へリストアします。


最新のデータを保存している予備機のバックアップをリストアすれば、本番機と同期を取っても予備機の記憶媒体に変化が生じないからです。

通常のデータ復旧と目的は異なりますが、バックアップのリストアはホットスタンバイ方式でも重要になります。


ページトップへ