ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • nasに保存したバックアップで決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

nasに保存したバックアップで決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

決済代行会社が存在しているおかげで、様々な支払い方法が登場したのは間違いありません。

決済の手間を最小限に抑えられなければ、利用者の少ない支払い方法をお店が採用するはずがないからです。

決済代行会社のサービスは社会的な責任も大きいと言えます。

しかし僅かなトラブルで決済代行会社のサービスが、供給されなくなる事態もあり得るのです。


決済代行会社はサービスの供給に必要な経費を下げるために、専用のシステムをサーバーにインストールしています。

サーバーが壊れればシステムが停止してしまうのは当然です。


■記憶媒体の故障は危険

サーバーの故障によってシステムが停止するのは確かに問題です。

しかしメーカーへサーバーを郵送して部品交換すれば、大抵のトラブルは解決へ導けます。

復旧に時間を要するだけで解決が難しいわけではありません。

決済代行業者にとって命取りになりかねないトラブルは、記憶媒体の故障によって全てのデータが消える事です。


決済代行業者のサーバーには顧客の売買データが登録されています。

それが消えてしまえば決済の代行を遂行する事が不可能になるのです。

手動入力によって補う事が出来たとしても、不備があればユーザーからクレームを受けます。

対応を誤れば顧客が激減して、決済代行会社の存続にも関わる事態へと発展するのです。


■nasに保存する理由

記憶媒体の故障に備えるのであれば、定期的にバックアップを取得するのが効果的です。

新しい記憶媒体を手に入れてバックアップをリストアすれば、故障時に近い状態でデータ復旧を果たせます。

そして本当にバックアップを安全に守りたいのであれば、ネットワーク接続の記憶媒体であるnasを活用すべきです。

サーバーの記憶媒体が壊れる原因には、広範囲に及ぶ災害に巻き込まれるケースも存在します。

USB接続のハードディスクにバックアップを保存しておくと、接続しているサーバーと一緒に壊れてしまう危険が高まるのです。


バックアップの保存先である記憶媒体も同時に被害に遭えば、データ復旧を実現する事が難しくなります。

だから遠距離からでも利用可能なnasがバックアップの保存先として人気を得ているのです。


■データ復旧の流れ

nasを使ったデータ復旧を行う時には、ネットワーク設定を最初に済ませる事が必要になります。

ネットワークが確立されなければ、サーバーからバックアップをリストア出来ないからです。

サーバーからバックアップデータへアクセスが可能になったら、ソフトを使ってリストアを実行します。

バックアップ容量が大き過ぎる場合にはデータ復旧の時間が長くなるので、バックアップをサーバーへ移動してしまうのも手段の一つです。


ページトップへ