ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • 決済代行会社のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

決済代行会社のRAID0構成のサーバーをデータ復旧する

決済代行会社の役割は数多の支払い方法を、サービスの利用者の代わりに対処する事です。

昨今では金券やクレジットカードの種類が増え過ぎているせいで、店舗運営における売買の業務が難解になっています。

それに加えて支払い方法が増えたせいで、決済の業務の負担が大きくなっているのです。


何十種類もの決済の手段が存在していれば、集客効果はありますが決済に必要な作業が激増するのは免れません。

だから決済代行会社のサービスを活用して、作業者の負担を軽減しているのです。


■決済代行会社のサーバーは処理能力が重要

決済代行会社のサービスはサーバーにデータを集める事によって業務を効率化しています。

多数の顧客を抱える決済代行会社は、多額の利益を得るチャンスがあります。

しかしサーバーのアクセスが増えれば動作が重くなってしまうのです。

動作が遅いサーバーにユーザーがストレスを感じて、別の決済代行会社に顧客を奪われてしまう事もあり得ます。

充実したサービスを提供するためには、サーバーの処理能力が十分である事は不可欠な要素です。


■処理能力アップにはRAID0構成が効果的

サーバーの処理能力を上げるのに効果的なのはRAID0構成を組む事です。

RAID0構成は2台の記憶媒体に対してストライピングと呼ばれる技術を用います。

効率的なデータの書き込みを行う事によって、記憶媒体に読み書きが行われる時のアクセス速度を向上させるのです。

1台の記憶媒体の増設とRAIDコントローラを準備するだけなので、初期投資額を抑えられる点も評価されています。

処理能力に問題を抱えている決済代行会社が頼るのも当然です。


■RAID0構成のリビルドはデータ復旧業者に任せる

決済代行会社のサーバーの処理能力をアップさせるなら、RAID0構成を選べば間違いありません。

しかしRAID0構成のサーバーは、記憶媒体の故障によってデータが失われる事があります。

2台の記憶媒体でデータを管理しているため、1台が壊れるだけで記憶媒体の内容の整合性が取れなくなるのです。

そのためサーバーに関する知識を持っていても、RAID0構成のデータ復旧は難易度が高過ぎるのです。

だからRAID0構成の記憶媒体が壊れたら、データ復旧業者に相談すべきだと言われています。


データ復旧業者は記憶媒体の扱いに慣れているので、軽度の問題であれば解決が可能だからです。

決済代行会社のサーバーには貴重なデータが大量に保存されています。

それが失われた時に信頼が失墜するのは間違いありません。

だからこそ高品質なサービスを提供しているデータ復旧業者に、RAID0構成のリビルドを任せるべきなのです。


ページトップへ