ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • 決済代行会社のRAID1構成のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

決済代行会社のRAID1構成のサーバーをデータ復旧する

小売店や飲食店でのやり取りでクレジットカードや金券が使用されるのは当たり前の光景になりました。

それが実現するようになったのは、店舗の経営者が決済手段に関する知識を持つようになったからではありません。

決済代行会社が金券やクレジットカードの処理を担当するようになったからです。


新たな売買方法を取り入れる時、経営者やスタッフは新たに勉強する必要がなくなります。

決済代行会社を信じて金券やクレジットカードを取り扱えば済むからです。

その手軽さが決済代行会社の支持率を上げています。


■決済代行会社のサーバーについて

決済代行会社は商材の売買で直接的な取引を必要としません。

しかしサービスを提供する時には大きな責任を担っています。

決済代行会社のサービスの信頼性が低ければ、顧客データを失ってしまう事もあるからです。

現代のマネジメントに関する業務の大半はサーバーのシステムに任せています。

仮にサーバーの記憶媒体が壊れれば、顧客は決済代行会社に任せた売買で損失を抱える事もあるのです。

サービスの提供に不手際が生じれば、顧客は決済代行会社を訴えます。

結果的に決済代行会社は信用を失ってしまうので、データが集中しているサーバーの管理は非常に重要です。


■RAID1構成が人気

決済代行会社のサーバーの記憶媒体が壊れると、リアルタイムで取引されているデータも消えてしまいます。

それを避けるために決済代行会社のサーバーは、RAID1構成の運用が多いと言われているのです。

RAID1構成では決済に関するデータを、2台の記憶媒体へ書き込みます。

仮に片方の記憶媒体が壊れてしまっても、データが消えてしまう事はあり得ません。

そして1台でも記憶媒体が残っている限り、決済代行会社のシステムは維持されます。

データの保守性だけでなくシステムの安定性が優れている事も評価されているから、決済代行会社がRAID1構成のサーバーを採用しているのです。


■RAID1構成のリビルド

1台の記憶媒体が壊れても、決済代行会社のサーバーは安定しています。

しかし早急に記憶媒体の交換とリビルドを済ませるべきです。

2台目の記憶媒体の故障が発生すれば、データ復旧を行えなくなってしまうので、決済代行会社の信頼が失われてしまうのです。

その危険性を排除するために最適なのは、いち早く故障した記憶媒体を新しい製品へチェンジする事です。

記憶媒体の交換さえ行えば、リビルドを実行出来るようになります。


ただしリビルドを実行する時はRAIDコントローラのマニュアルを読むべきです。

RAIDコントローラの仕様が特殊だと、リビルドに失敗してデータ復旧が不可能な状態になる事もあります。


ページトップへ