ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • 論理障害になった決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

論理障害になった決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

決済代行会社はクレジットカードや金券の利用額の中から、僅かな手数料を徴収する事で利益を得ています。

少数の顧客を相手にしているだけでは十分な収益を得られないので、決済代行会社は多数の顧客を相手に商売を行っているのです。

以前は電話や紙媒体を使ってやり取りを行っていましたが、最近では顧客がサーバーにデータを入力するやり方が主流になっています。


サーバーにデータ入力する手間を省いた方が、作業を省略する事が出来るからです。

しかしそのせいでサーバーに多重アクセスが発生する頻度が増しています。

そのせいでサーバー内のファイルやフォルダに不具合が生じる論理障害へと発展する事もあるのです。


■データ復旧ソフトで論理障害を解決する

論理障害は記憶媒体の特定の領域にだけ発生します。

記憶媒体のアクセスそのものが不可能になる物理障害よりも軽度な問題です。

よって市販されているデータ復旧ソフトでも、解決出来る可能性は十分にあります。

サーバー上に残っているログを解析して不具合が生じる直前の状態へ戻すデータ復旧ソフトは、安価でありながらも役立てられているのです。

決済代行会社のサーバーは論理障害が多い事もあり、データ復旧ソフトを事前に準備しているケースは珍しくありません。


■重度の論理障害はデータ復旧業者に任せる

しかし前述したデータ復旧ソフトが通用しない論理障害も存在します。

論理障害が発生した原因に関するログが残っていないトラブルと記憶媒体にSSDが使われているケースです。

参考になる情報が残されていなければ、プログラム通りに動くデータ復旧ソフトが機能するはずがありません。


SSDは最も一般的なハードディスクと全く異なる構造なので、前者と同様に通用しないのです。

論理障害の解決に行き詰まった場合には、データ復旧業者に任せるのが効果的だと言えます。

プロの技術者が論理障害の解決を目指すので、データ復旧ソフトよりも信頼性が高いのは間違いありません。


■決済代行会社は最初からデータ復旧業者を頼る事もある

論理障害が長引くと障害の大元であるデータが周囲に悪影響を及ぼす事があります。

そのせいで他のデータにも論理障害が発生して、被害範囲が広大になってしまう事もあるのです。

決済代行会社のサーバーには多数の顧客のデータが格納されているので、論理障害の長期化は避けるべきだと言えます。

だから決済代行会社の中には軽度の論理障害でも、最初からデータ復旧業者に相談する事があるのです。


論理障害の解決に必要な費用は高額になってしまいますが、安心して貴重なデータを託す事が出来ます。


ページトップへ