ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • 決済代行会社のサーバーをデータ復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

決済代行会社のサーバーをデータ復旧する

現代の日本では貨幣以外でも商材を利用する事が出来ます。

クレジットカードや商品券が存在しているからです。

しかし複数種類の支払い方法が確立されていると、管理するのが大変になります。

支払い時に渡された商品券や電子マネーは、日本の通貨に変更して初めて価値が生まれるからです。

チェーン店の中には数十種類の支払い方法を引き受けている店舗は珍しくありません。

全ての決済方法について覚えるのは大変なので、決済代行会社が間に入るようになりました。


■決済代行会社の顧客管理をするサーバー

決済代行会社は顧客と契約を結び、金券やクレジットカードの処理を代わりに行う事で生計を立てています。

決済時に換金される貨幣の一部を手数料として得ているのです。

少数の顧客と関係を結んでいるだけでは大きな収益に繋がらないので、膨大な数の顧客と契約を締結しています。

過去の時代では紙媒体による管理が人気でしたが、最近では専用のシステムを運用しています。

システムはサーバーにインストールされており、端末からアクセスする事で利用する仕組みです。

スタッフが端末を使って入力したデータは全てサーバーに集まるので、決済代行会社の生命線だと言われています。


■サーバーのバックアップを取得する

決済代行会社のサーバーが壊れると、大問題に発展する事があります。

サーバーの中には顧客に関するデータと、決済が完了していない売買が記録されているからです。

精密機械であるサーバーは突然故障します。

その時に故障原因が記憶媒体だと、保存されているデータが失われてしまうのです。

顧客のデータを失う事は信用問題に関わります。

だから記憶媒体の定期バックアップが推奨されているのです。

決済代行会社の記憶媒体のバックアップを取得しておけば、万が一のトラブルが発生しても安心だと言えます。


■サーバーのデータ復旧の流れ

決済代行会社のサーバーが壊れたら、メーカーへの郵送手配を整えなければなりません。

サーバーの修理を担当するのがメーカーである事は、保守契約によって決定されているからです。

保守契約の存在を無視して独力で部品交換を進めてしまうと、再び故障が発生した時にメーカーを頼れなくなってしまいます。

ユーザーの手が加えられたサーバーは、メーカーの手から離れた存在だと考えられているからです。

よってサーバーの記憶媒体が壊れたら、交換作業が完了して返送されるまで待機しなければなりません。


記憶媒体の交換が行われたサーバーは、決済代行会社が提供したサービスの記録が全て消えている状態です。

その時にあらかじめ取得しておいたバックアップが役立ちます。

バックアップソフトのリストア機能を用いて、サーバーのデータ復旧を行うのです。

エラーが発生しないで完了メッセージが表示されれば、記憶媒体は元の状態に戻ります。


ページトップへ