ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • NASのバックアップの仕方
日本データレスキュー隊イメージ

NASのバックアップの仕方

NAS上に保存がされているデータは、しっかりとバックアップを行う必要があります。

特にNASに大量かつ重要なデータを保存している場合はバックアップも定期的に行うのが効果的です。

どのような方法ならバックアップを効果的に行うことが出来るのでしょうか?NASのバックアップの仕方について分かりやすくご紹介しています。


■外付けHDDにバックアップをする

最も効果的で手軽なバックアップの仕方としては、外付けHDDに保存することです。

NASに外付けHDDを直接接続してバックアップをすることができます。

NASは便利な機能として、外付けHDDに決まった時間にバックアップを取ることが出来るようになっています。

そのため、バックアップを取るのを忘れやすいという方でも安心です。


このバックアップの仕方にはメリットばかりではなくデメリットも存在しています。

電気トラブルが起こると、NASも外付けHDDもどちらも故障したり壊れてしまう可能性があるということです。

できるだけ落雷などが起こっている時にパソコンは使用しないことが重要です。


■外付けHDDのデータを定期交換する

電気トラブルや落雷、そして火災などの災害が怖いという人も多いのではないでしょうか?そのような場合は、外付けHDDのデータを定期交換するのが効果的です。

これは、バックアップ先である外付けHDDを定期的に交換して耐火金庫に保管するというものです。

これで、災害が起こった時でも大事なデータが消失する心配はありません。


■NASからNASへバックアップ

バックアップにはNASからNASへ行うというものもあります。

これは、NASが故障した場合でもすぐに作業ができたりするのでとても効果的です。

外付けHDDをNASに接続した場合、外付けHDDはEXT3のWindowsで読み込むことの出来ないファイルシステムにフォーマットされるという特徴があります。

NASが故障しても使うことが出来るようにする方法としては、NASからNASへバックアップをするということです。

LAN接続で定期的にNASからNASへバックアップを行うと便利です。


いかがでしたでしょうか?NASのバックアップの仕方についてご紹介しました。

どれもNASを使った効果的なバックアップの仕方なのでとてもおすすめです。

NASは外付けHDDへのバックアップを行うのが最も手軽にできる方法と言えます。


ページトップへ