ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • nasが物理的に壊れた場合のデータ復旧
日本データレスキュー隊イメージ

nasが物理的に壊れた場合のデータ復旧

記憶媒体は様々な種類が存在しています。

その中でも最近になって注目を集めているのがnasです。

nasはネットワークに接続して使用出来るタイプの記憶媒体で、常に電源を点けネットワークケーブルを挿入した状態で運用します。

以前から考えられていた技術ですがネットワーク回線の速度が遅いため実現しませんでした。


しかし昨今では光ファイバーケーブルを中心に高速回線が安価で利用出来るようになり、nasの利用が現実的になったのです。

それが理由でポータブルハードディスクと代わる格好で、nasの購入事例が増加しています。

ポータブルハードディスクとは違い持ち歩く必要がないため、故障リスクが低い事も利点です。



■故障リスクは存在している

nasの利点が故障リスクの低さなのは間違いありませんが、稼働を続けている間に壊れてしまう事があります。

何もしていなくても壊れるのが機械なので、頻繁にデータの読み書きが行われれば壊れてしまうのは当然です。

従来型のハードディスクと同じで消耗品の一種だと言えます。

ただの消耗品と違うのは保存されているデータに配慮しなければならない点です。

貴重なデータが保存されているnasが壊れれば、今までの苦労が水の泡になってしまいます。


■nasのデータ復旧について

nasが壊れてしまった時のデータ復旧は、事前に取得しておいたバックアップデータをリストアする事で達成出来ます。

記憶媒体のトラブルは論理障害と物理障害の二種ですが、どちらが発生していてもバックアップデータさえ存在していれば対処可能です。

新しい製品を購入してからバックアップデータをリストアすれば、壊れてしまった状態と同じnasを構築出来ます。

IPアドレス等の設定も必要になりますが、それもバックアップデータをリストアすれば修正可能です。


■最後の手段であるデータ復旧業者

しかしバックアップデータの取得を疎かにするユーザーがいます。

論理障害ならデータ復旧ソフトで対処可能なケースもありますが、物理障害に陥っていたら個人では手に負えません。

個人レベルの対応で出来るのは手動によるデータ復旧作業になります。

手動によるデータ復旧が大変な場合には、専門の業者へ頼る手段があります。


nasの物理障害に対応できる専門業者は限られています。

さらに、RAIDを組んでいるケースが多いため、そうなると対応できる業者はさらに限られます。

これらの条件を満たし、なおかつ多くの実績がある業者としてデジタルデータリカバリ―という会社があります。

物理障害やRAID復旧の技術も日本屈指の企業です。

どこに相談したらよいか悩んだら、デジタルデータリカバリ―に相談をすれば間違いないでしょう。


データ復旧業者のサービスを用いれば、物理障害であっても情報を取り戻せる可能性があるのです。

ただしサービスを利用するためには相応の出費が求められます。

データ復旧業者の利用はnasに保存されている情報の価値が高い時に限るべきです。


データの価値とサービスの価格の釣り合いを見る事が大切だと言われています。


ページトップへ