ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • NASのバックアップ作業をしていなかった場合のデータ復旧
日本データレスキュー隊イメージ

NASのバックアップ作業をしていなかった場合のデータ復旧

普及率の高まるNASは、ネットワークを介してアクセスできる便利な記憶媒体です。
以前のようなポータブルハードディスクとは違い、一人が使っている間は、 他の人はアクセスできないということはありません。
ネットワークケーブルで常に接続されている状態ですから、 ネットワークのある環境で端末を使っている人であれば誰でもアクセス可能です。
複数の人間が同時に記憶媒体にアクセスすることができるということになります。


■バックアップの重要性

ハードディスクには、なんらかのトラブルが原因でデータ消失のリスクがあります。
パソコンを使って作られたデータは、非常に大きな価値があり、 そのデータの量が多くなればなるほど、データ消失で受けるダメージも大きくなります。
一人しか使うことのないパソコンであったとしても、ハードディスクでのトラブルのダメージは大きいのです。
複数の人間が共同で使うNASのデータがもしなくなってしまったら、 パソコンのハードディスクが故障したときよりもさらにダメージは大きくなることでしょう。
そのようなことにならないためにも、バックアップを定期的に行う必要があるのです。


■バックアップの重要性を理解していないユーザー

パソコン操作に慣れていないユーザーも多くいます。
彼らは、基本的な操作方法をマスターすればそれで満足してしまう傾向にあるので、 データのバックアップへの意識が非常に薄い場合が多く見られます。
記憶媒体のデータが消えてしまってはじめて慌ててどうしよう・・・となってしまうのです。


NASを使っている人のなかでも、ネットワークケーブルに接続できる記憶媒体ということしか 頭にないという人もいます。
何かトラブルが起きてしまった場合、バックアップデータがなければ大変なことになります。
今までのデータを復旧する必要がでてくるのですが、場合によっては、 手作業でデータを入力してくる必要もでてきます。



■論理障害の場合、データ復旧ソフトで対応も可能

ハードディスクへアクセスできなくなってしまえば、選択肢は非常に狭まります。
特に物理的に障害が起きている状態であれば、データ復旧業者の力が必要になります。
ですが、論理障害であれば、データ復旧業者に頼らずに解決することもできます。
データ復旧ソフトをインストールしてデータ復旧を行うことができるのです。
データ復旧ソフトは、安価で販売されているものもありますので、ぜひお試しください。


データ復旧ソフトで、NASの論理障害を解決できれば、 データ復旧業者に頼まずにすみますし、わざわざ手入力をしなくてもすみます。
ただ、ベストなのは、バックアップデータを使ったデータ復旧だといえます。
データ復旧ソフトはすべての論理障害に対応できるとは限らないからです。
その場合にはデータ復旧業者にお願いすることになるでしょう。
論理障害に対応する特別なソフトウェアを保有していますので、 個人では対応できないような障害でも解決できる可能性は十分にあります。


データ復旧ソフトを使う際には、データの上書きに十分注意しましょう。
データの上書きがされてしまうと、データ復旧は非常に難しくなってしまいます。
もし、どうしても取り戻したい価値のあるデータなのであれば、 最初からデジタルデータリカバリーのような専門の業者にお願いするようにしましょう。


ページトップへ