ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • NASをフルバックアップデータで復旧する
日本データレスキュー隊イメージ

NASをフルバックアップデータで復旧する

ネットワーク経由で利用する記憶媒体のNASが、近年ユーザーに人気を集めています。
NASをうまく使えば、携帯用のメモリはもう必要ありません。
移動先で携帯用メモリが動作しない、なんていうリスクを回避できるのです。


携帯用メモリを取引先に持ち込んで使用する際、 頼みの綱である機器が壊れてしまったら業務を進めていくことはできませんよね。
携帯用メモリが壊れたというだけでも、会社の信用問題にも発展しかねません。
ネットワークケーブルで接続できるような環境があるならば、 NASを使っていきなり壊れてしまうというリスクを減らすことができるのです。



■NASは少数スタッフの組織でも有用

NASはネットワーク経由で使うことのできる記憶媒体ですから、 多くの人間がいる組織で使わなければならないという先入観を持っている人もいます。
ですが、NASはネットワーク経由でアクセスできる環境であれば、 利用者の人数にかかわらず有効に使うことのできる便利な機器なのです。
通常のハードディスクより値段は高いですし、セキュリティ面に配慮する必要がありますが、 頻繁にアクセスしないところでも導入を考えてみる価値はあると思います。


■NASのデータバックアップ

NASの運用方法にあわせて、バックアップの方法も選ばなければなりません。
少数の人間しかいないような組織で、それほど利用頻度がないということであれば、 フルバックアップ方式がおすすめです。
フルバックアップ方式を使って取得したデータは、リストアさえすればデータ復旧することができます。
利用機会があまりないようであれば、データを追加するたびにフルバックアップをしたほうが良いでしょう。 最新のフルバックアップデータさえあれば、万が一故障した場合でも安心できます。


■フルバックアップデータを使う場合はルールを順守しましょう

フルバックアップを使ったデータ復旧はとても簡単な作業です。
バックアップデータをリストアするだけの作業で済みますからね。
リストアの手順さえしっかりと把握していれば、データ復旧作業は非常に簡単にできます。
大切なのは、データ復旧作業ではなく、フルバックアップのルールを順守することです。


データの入出力のたびに、NASのフルバックアップを行うというルールがあったとしても、 そのルールをユーザーのほとんどが守っていなければ、何の意味もないからです。
フルバックアップを用いてデータ復旧を行うためには、なによりもルールの順守が肝心です。
バックアップデータを保存する場所、そのタイミングだけはしっかり決めておけば、 データ復旧の際にも慌てずに作業を行うことができるのではないでしょうか。


もしも、データ復旧でトラブルになってしまった場合には、すみやかに、 デジタルデータリカバリーをはじめとするデータ復旧会社に相談をすると良いでしょう。
自力であれこれといじるよりも、プロに頼ることが一番の解決法だと思います。


ページトップへ