ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • 落雷などの電気トラブルからパソコンを守る
日本データレスキュー隊イメージ

落雷などの電気トラブルからパソコンを守る

パソコンは落雷や停電などの電気トラブルに非常に弱い性質を持っています。

機械類はこうした電気トラブルに弱いのですが、落雷などは急に起こるので予想ができません。

できるだけ落雷などの影響からパソコンを守るためにはどうすれば良いのでしょうか?分かりやすくご紹介しています。


■雷サージ対策を行う

パソコンを様々な電気トラブルから守るためには、雷サージ対策をするのが効果的です。

雷サージって何?という方も多いのではないでしょうか。

雷サージというのは、落雷が起こることによって一時的に電力線に大きな電流がビリビリと流れるものです。

大きな電流が一時的に流れるのですがこれがクセモノです。

一時的に流れるだけなのですが、かなり大きな電流なので通信回線、電話回線から家の中に入ってくることもあります。

そうすると、家電製品が壊れてしまったり、かなり大きな影響が出るようになるのです。

パソコンは特にこの雷サージから守ることが必要といえます。


■雷がなり始めたらパソコンを切る

雷がなり始めた場合には、すぐにパソコンを切る癖をつけておくのがおすすめです。

雷が強く鳴っている場合は、雷サージも起こりやすくなっているといえます。

パソコンで作業を行っている場合でも、この雷サージの影響でデータが消えてしまう可能性があるのですぐにパソコンを切るのがベターです。

手順としては、作業を止めて必要なデータの保存をします。

それからパソコンをすぐにシャットダウンして、コンセントも抜くのがおすすめです。

この時にスリープ状態にしたりスタンバイにする人がいますがこれは雷サージに効果がありません。

シャットダウンをして電源を切ることで雷サージ対策になるのです。


■停電対策も必要

パソコンは停電対策もしっかりと行っておくことで大事なデータを守ることが出来ます。

パソコンは少し停電しただけでも壊れてしまうことのある精密機器です。

停電対策としておすすめなのは、日頃からバックアップを定期的に行うということです。

これで停電の影響でデータが消えても復元をすることができるようになります。


いかがでしたでしょうか?パソコンはこの雷サージ対策と停電対策を主に行うのがおすすめです。

パソコンの大事なデータを守れるだけではなく、パソコンの故障なども防ぐことが出来ます。

バックアップはできるだけ定期的に行うようにしておくことでこうしたトラブルに対処ができるようになります。


ページトップへ