ハードディスク内のデータ、今の方法で保護は万全ですか?
  • HOME
  •  > 
  • SDカードを購入するときの注意点
日本データレスキュー隊イメージ

SDカードを購入するときの注意点

SDカードは結構複雑な作りになっているので、購入する時には注意をするポイントも多いです。

SDカードは、使用する機器ごとに様々なタイプのものを使う必要がありますしどれを選んだら良いのか迷うということも少なくありません。

特に、これから初めてSDカードを使用するという方は購入するときの注意点を知っておくと便利です。

SDカードを購入するときに注意したい点についてご紹介しています。


■説明書を読む

SDカードを購入する時には、説明書をしっかりと読むということが大事です。

それぞれのSDカードで説明書の内容も異なっています。

SDカードによって細かな使い方が異なってくるので、何回もSDカードを使用して使い慣れているという人でも説明書には目を通しておく必要があります。

確認したい点は、動作保証の点とSDの最大容量です。

古い機器になるとSDの1GBでも使用が出来ないというトラブルも多いと言えます。

古い機器であっても使用ができるブランドなのか確認が必要です。


容量ですが、SDXC(48GB&64GBSD)の大容量SDに対応しているメモリーカードリーダーライターを購入すると動作するようになりますし容量面も大容量なので安心です。

USB3.0に対応しているタイプのものなら購入をしたほうが良いと言えます。

どれくらいの容量になっているのか確認をしておくとどれくらいのデータが入るのかなどが分かります。


■安すぎるものは購入しない

SDカードの中には安すぎるものも販売されています。

あまりにも安すぎる価格で販売がされているものは、ブランドがあまり知られていなかったり、ブランドの評判があまり良くない可能性があります。

あまりにも安価で販売がされているものは品質が悪いということも少なくありません。

しっかりとSDカードを購入する時には、激安価格ややすい価格のものは購入しないで価格をよく見て購入をする必要があります。


■有名ブランドでも価格にこだわる

SDを購入する時の注意点ですが、価格は有名ブランドだから安くても良いというわけではありません。

有名ブランドのSDカードを購入する場合でも激安価格や安すぎる価格のものは購入しないようにしましょう。

もちろんノーブランドのものも激安価格のものは購入してはいけません。

安すぎる価格のものは信頼性が低い場合が多いと言えます。

ネットオークションや個人で運営しているネットショップなどでは偽物や偽造品が販売されているという話も耳にします。

どこから購入するかといったことも注意する必要があります。


■クラスを確認

SDカードにはクラスが有ります。

スピードクラスという速度表記がされているのですが、クラスは1から10まで存在しています。

この速度表記をよく見て購入をすることで速度が早いSDカードを購入できるので便利です。

Cの中に表記がされているのでしっかりと確認をする必要があります。


SDカードを購入するときに注意したい点についてご紹介しました。

説明書をよく読むことはSDカードを正しく使用する上でも大事です。

あまり説明書を読んでいないという方はしっかりと目を通すようにしたいところです。


ページトップへ